塗装のマメ知識

症状の放置は決してよくない!定期的な対処が大切です!

外壁は私たちが安全に暮らしていく上で欠かせない存在です。
そんな外壁が劣化してしまうと、今まで当たり前のように生活していたことができなくなってしまいます。
今回は、外壁の劣化に伴うトラブルをご紹介します!

 

■機密性・断熱性の低下
外壁にひび割れが生じると、サイディング材が次第に反りはじめ、外壁部分に無数の隙間が発生してきます。
隙間が生まれることで、機密性・断熱性が低下し、夏は暑くて冬は寒い住空間になってしまいます。
高性能の家電を購入しても効きが悪く感じてしまい、その結果、光熱費も高くかかってしまいます。

 

■シロアリの発生
シロアリは湿気を含んだ木材が大好物です。
そのため、水分を含んだ家屋は彼らにとって、格好の住処となります。
一度シロアリが発生すると、再発してしまうケースも少なくありません……。
シロアリが発生してしまうと、その後の処理がとても面倒なので、呼び込まないようにすることが大切です。

 

■雨漏りの発生
ひび割れをずっと放置していると、やがて雨漏りを引き起こしてしまいます。
そうなると、天井にシミができてしまったり、クロスが濡れてしまったり・・・。
メンテナンスをせずにいると最悪の場合、大規模な改修が必要になる場合もあり、思いもよらない高額な出費となってしまいます。

 

いかがでしたか?
一度劣化した外壁は、メンテナンスを行わなければ修復はされません。
定期的なメンテナンスの頻度は10年に1度ほど。
もちろん、住まい環境によっては変わってきますので、もし外壁に少しでも異変を感じられたら、まずは当社までご相談ください。

他にもこのようなトラブルには注意しましょう⇒


外壁塗装で使用する塗料の種類

こんにちは!松美装です!
皆様は塗料にも種類分けされていたってご存じでしたか?
耐久性に優れているものや万能なもの、お手頃価格なものなど。

今回は当社が外壁塗装で使用する塗料の種類についてご紹介します♪

■塗料の種類

塗料は大きく分けると下記の5つに分類されます。
ご予算や塗り替え頻度など、お客様のご要望に合わせて適切な塗料をお選びしています。

アクリル塗料 【塗料グレード:★☆☆☆☆ / 耐久年数:6~8年】
今から約20年前に誕生した塗料。
製造量が多く、色の再現性が高いことから昔は主流とされていましたが、意外と劣化が早く、塗膜も固いためひびが入りやすく、塗り替えのサイクルが短いのが難点です。

ウレタン塗料 【塗料グレード:★★☆☆☆ / 耐久年数:7~10年】
塗膜が柔らかく密着性に優れているため、細かい部分の塗装に適しているのがウレタン塗料。
価格・耐久性・機能性のバランスが良いことから万能塗料とも言われています。

シリコン塗料 【塗料グレード:★★★☆☆ / 耐久年数:12~15年】
近年、人気を集めている塗料です。
シリコンを含有することで、汚れにくさと性能を両立させ、高い耐久性を実現。
シリコン塗料をベースとした様々な特殊塗料もたくさん開発されています。

ラジカル塗料 【塗料グレード:★★★★☆ / 耐久年数:14~16年】
2015年に発売された、新しい塗料です。
従来の塗料にはない高緻密なシールド層が特徴で、紫外線・酸素・水による劣化をブロックすることが可能。
シリコン塗料とほぼ同程度で、耐久性が高いことから人気を集めています。

フッソ塗料 【塗料グレード:★★★★★ / 耐久年数:15~20年】
他の塗料に比べて、優れた対候性を持ち合わせています。
価格は少し高額になりますが、その分様々な機能を持ち合わせ、優れた耐久性が期待できます。
最近では、東京スカイツリーの鉄骨塗装に取り入れられるなど、周囲から高評価を得ており、屋根を中心にフッソ塗料を選ばれるお宅が増えてきています。

■お客様のご要望に沿った塗料選定

いかがでしたか?
このように塗料はたくさんの種類があります。

大切なのは、お客様のご要望に沿った塗料を選ぶこと。
松美装では、事前の打ち合わせを充分に行っており、ご要望にお応えする塗装をお届けしています。

もし、外壁塗装をお考えの方がいらっしゃいましたら、まずは一度当社までご相談してみませんか?